**Ich bin Ich**

ブログトップ

<   2005年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ベトベン

『演奏家というものは、舞台の上では芸術家でなくてはならない。そんなピアニストはごくわずかだ。(By.シューラ・チェルカスキー)』という話を以前ここでしました。しかし、その芸術家という言葉の意味が、私はつい最近まで良く理解出来ずにいたのです。

テクニックが十二分に優れているということ、レガートの歌い方がため息が出るほど美しいということ、洗練された音が簡単に出せるということ、透明感のあるフォルティッシモ、潤いのあるピアニッシモが出せるということ…。
トップクラスのピアニストの優れた技術を言い出したらホントにキリがありません。でも、真の芸術家になれるピアニストっていうのは、そういうような技術を持った人だけを指しているのではないと思うんです。

先日、私の師匠のベートーヴェンソナタ全曲演奏会がありました。今回でこのシリーズはファイナル。本当の終楽章だったわけです。
ベートーヴェンのソナタを全曲演奏したピアニストは、長い歴史の中でほんのごくわずかなんだそうです。日本ではまだ1ケタ台。5~6人らしいです。先生は3年かけて、そのピアニストの1人になりました。
先生の演奏は毎回パワフルです。一音一音の力量が半端じゃない。繊細であってロマンチックで透明な響き、それでいて力強くて奥深く幅広い音色…。あのスタインウェイ、あんな音したっけ??終始驚きと感動の連続でした。風邪をこじらせていてカナリ辛そうでしたが、全曲一切手を抜くことなく弾ききったのです。胸にこみ上げるものが我慢し切れなくて、演奏中(それも1曲目で)涙が鼻水に変わりました(笑)。ずっとすすってました。すみません、先生…(笑)。

先生のピアノを聴いていて改めて気付きました。
演奏というものは、奏者が心の底から音楽を楽しんで弾いていないと、聴衆に自分の音楽なんて絶対に伝わらない。私なんてただガツガツ弾いてただけ。楽しもうとはしてるけど、ただただ必死で…ホントは何も見えていなかった。すごく簡単なことなのに、いつの間にか忘れていた一番大切なこと。深く反省しました。

自分の音楽がちゃんとできる人、心から音楽を愛し楽しんで弾ける人が本当の芸術家であると私は思っています。そして何よりも人柄。いくら優れたピアニストであっても心が乏しい人は、華開いてもすぐに忘れ去られてしまうでしょう。
私もいつか本当のステージに立てるように常に自分を磨いていきたい。何年、何十年かかっても少しづつ近づけていけたら…☆
[PR]
by nami73-pma | 2005-11-30 13:01 | Concert

懐かしい顔

先日、高3の時のクラスの同窓会がありました。あんまり思い入れ深いってほどのクラスでもなかったし、最初は行くの戸惑ってたんですけど、「何言ってるの!!幹事する人がどれだけ大変か分かってるの!?」と母に叱られて、「やっぱり行っとこう」と決意しました(笑)。いや、ホントはそれだけじゃなくて、知らせのハガキがナント…手書きだったのです。これを人数分40枚近く書いてるんだよね…って思うと幹事のマメさに思わず感動。コレは行かないと申し訳ない。伴奏の譜読みそっちのけで行ってきました。

集合はやっぱり…遅い。当時からまとまりのないクラスだったんですけど、2年半経っても相変わらずでした。集合時間から5分経ったくらいで、やっとポツポツ来始めたんです。ちょっとは大人になりやがれぃ!!5分前にきっちり行ってたアタシがアホみたいじゃん。。

文化祭、このクラスを引っ張って合唱コンクールの本選まで育てあげたのはこの私です。オレ様です(笑)。コレは胸張って言えます。
楽譜がいくら探しても見つからないので、1から作りました。最近部屋の本棚整理してたら、自分の作った楽譜が出てきたんです。見事な4声体。伴奏も自分のオリジナルでコードが書かれてあって、おまけにソロまで作ってある。完璧な楽譜です。
MYピアニカを毎日持参で、夏休みや学校始まってからも昼休み&放課後みっちり練習しました(させました)。すごいぞNami!えらいぞNami!(笑)誰か褒めてやってください。喜びますよ~。

時は2年半しか経ってないのに、もうチラホラ名前を思い出せない子がいたりしました。特にあんまり親しくなかった子とかね。必死に思い出そうとしてもムリで…。時間ってものは恐ろしい。
でも、特にみんな変わったことはなくて良かった。何よりもちゃんと生きてるんだから。みんなそれぞれ違う道を一生懸命進んでる。地にしっかり足を踏みしめて頑張ってる(多分)。それだけで充分だ☆☆

今度また同窓会がある頃に誰か1人消えてたら嫌だな…(笑)。
アタシももっともっと成長しなきゃ☆
[PR]
by nami73-pma | 2005-11-28 20:27 | Diary

モツアルト

皆さんこんばんは♪すし屋バイト選考オーディション2000人の中から選ばれたNamiです☆(笑)

さて…昨日はレッスンの先生のコンサートに行ってきました。
全曲モーツァルト。先生はコンチェルト24番を弾いてくれました。
Namiの中でモーツァルトっていうと、“ピンクのバラ”ってイメージなんですよね。コレは多分、昔家にあったモーツァルトのCDのジャケ写がピンク色のバラだったから(笑)。
でも、昨日のモーツァルトは、なんとなくマグロって感じでした(寿司食べすぎ)。室内楽の領域を超えて、もっと気高い感じで強靭な大物。
先生はマグロ漁船に乗りました。そして、大きなホンマグロを釣ったのです。あれで一年は食べていけるでしょう。あっぱれ☆☆
ちょっと意味分かんない方はモーツァルトコンチェルト24番を聞いてみてください。それでもマグロをイメージする人はいるのだろうか!?
とにかく昨日はモーツァルトを越えたモーツァルトを聞かせてもらったということです。暗譜ヤバいとか言ってた先生が嘘みたい。聞きごたえ(食べごたえ?)のあるマグロでございました。bravo!!


街はすっかりクリスマスムード一色☆☆サンタさんは今年もNamiのトコロに来てくれるかな…♪去年のプレゼントは確か運転免許証でした(笑)。
e0036106_23251386.jpg

[PR]
by nami73-pma | 2005-11-24 23:51 | Concert

伴奏者は語る

皆さん、こんばんわ☆相変わらず口の中が痛いNamiです。
うちのすし屋の大将は、平井堅の「POP STAR」の、サビの♪ポップスタ~ってトコが、♪パスタ~と聞こえるらしいです。絶対聞こえないし…。平井堅の発音が良すぎるのか!?そんなことでいちいちゲラ笑いしてるアタシはもっとおかしいんですけど…。恐るべし平井堅!!!


イキナリですけど、伴奏って難しい。ソリストにいかに自然に寄り添って自分自身の音楽が出来るか。それって無限に近いくらい不可能なことをやろうとしてるわけですよね。でも、出来ちゃう人っているんだな!!アタシなんて無限にまだまだですけど。
伴奏で、頭抱えてた日々がありました。去年の後期試験に4つの伴奏を持ってたとき。その内1つは卒試でした。伴奏4つなんてもう未知の世界でしたね。毎日帰りは9時頃。もちろん自分の練習は満足に出来なくて。殆どが中途半端な感じ。気に入らないことだらけ。ずーっと、イライラしてたおよそ1ヶ月。まさに地獄でした。もう伴奏なんかやめてしまいたい。私は1人で音楽をやれたらいい。それでいいんだ。って本気で考えました。
それでも、「Namiちゃんじゃなきゃ嫌だ」とか「Namiちゃんに伴奏してもらえる自分は幸せ」とか言ってくれる子がいたりするから、またやってみようと思うんですよね。
別に見返りを期待してるわけでも何でもなく、単に自分の未知なるモノへの挑戦なんです。去年の自分よりもどれくらい進歩出来るか。

1年の頃から毎回受け持ってるクラリネットの伴奏。今回の伴奏は難しいらしい。(今回だけとかいう問題じゃなくてクラの伴奏は基本的にムズイ。)「先生にもしかしたら伴奏者変えないといけないかもしれないって言われた。」って…
ケンカ売ってんのか。今更何言い出すんだ。今までの2年半はお遊びか?!
笑かすんじゃねぇ。
密かに燃えちゃってる今日この頃でございます(笑)。
[PR]
by nami73-pma | 2005-11-23 01:27 | Diary

血を吐くほど

没頭して…。それくらいピアノを弾きたいです。一日があと○時間あれば…!!って思うことが良くあります。今週のレッスンのあまりの不出来さは、単なる練習不足。ソレは、誰のせいでもなく全て自分の責任。友達に伴奏を頼まれたから…バイトにほぼ毎日入ってるから…。いい訳はいくらでもあります。「その割には、良く弾けてるね。」って言われても全然嬉しくない。自分のコンディションを上手くコントロールすることが出来るのが本当のプロだと思います。
ただホントにここ最近忙しすぎて、精神的にヤバかったんですよね。「もう駄目だ…ぁああー…、何処か遠くに行きたい。。あぁぁ~…!!!」「冬眠したい…冬眠したい…。」をしつこく連呼していたし、ちょっと指にアザみたいなのが出来ちゃった時も、「うゎゎゎ…このまま指が腐っていくぅ~~~…。」とか言ってて(笑)。一緒にいた友達も、「Namiちゃん…最近おかしい…。」って心配してくれてました。(まぁ、元々おかしいんだけどね!!)

しかし、グダグダ言ってても仕方のない話でね…。今この瞬間を一生懸命生きることでしか前には進めなくて。自分を信じるしかないわけで。我々は終わりに向かって生きているのだから。人生は一度きり。『One life no regret.』少しでも多くの時間、最善や最良を感じていたい。自分のやりたいことをやればいいんだ。何も難しいことじゃない。


口の中を3回噛みました。「ムキーーーー!!!」ってなりました(笑)。今治りかけの物凄く痛い時期です。せっかくのおいしいご飯が台無し。超しみる…。ポン酢とか大好きなのに、ちょっと触れただけでもうヤっバイ!!鳥肌立っちゃいます。
一度噛むと癖になる。そんなものは、スルメぐらいにしてほしい。
[PR]
by nami73-pma | 2005-11-20 01:41 | Diary

多忙なピアニスト

Namiの先生は、来週コンサートが3つもあって、その上間に東京出張も入っているという恐ろしく多忙なピアニストです(多分タフだから出来ることなんだろうけど)。コンサートの曲(コンチェルトとベートーヴェンソナタ4曲!!)、忙しすぎてまだ暗譜できてないって言ってたし…「(こんなスケジュール組んで)アホやろ」ってちょっと投げやりな感じでした(笑)。でも、なんだかんだ言いながら先生はいつも本番完璧に仕上げるのです。「いいなぁ~先生はいっぱい仕事があって忙しそうで…」って思わず言ってしまった(笑)。先生はNamiにとって憧れの存在です。どんな極限状態もバリバリこなす売れっ子ピアニスト。私なんてまだまだまだまだまだまだ…(無限)。もっともっと勉強しないと!!!!

今日はレッスン2回してもらいました。昼間にレッスン終わってからメールが来ました。「少しだったらリストのレッスンできるけどどうする?」チョー嬉しくて思わず中庭を走り回りました(笑)。来週コンサート控えてるのに申し訳ないッッッ!!!でもお言葉に甘えて行ってきました。少しって言っても30分も見てくれた~><
ペトラルカが段々崩れて行っています…。私の本当の理想の演奏が出来なくなってる…。『間違ったことをしてる訳じゃないんだよ。でも、一度やった曲をもう1度思い出すときに、また1から見る気持ちでやらないと、ただ何となく弾いてるような演奏にしかならない。』
明日から私の本当の修復作業が始まります。まだ1ヶ月ある。大丈夫。間に合わせる。

今日のお詫びに明日缶コーヒーでも差し入れしよう(笑)。
[PR]
by nami73-pma | 2005-11-17 01:17 | Diary

冬ガキマシタネ。

e0036106_23101827.jpg

これ何に見えます?花ですか??
いいえ、違います。これはお寿司です(笑)。赤いのはマグロ。黄色いのはタマゴで、黄緑のはアボガド。葉っぱはシソです。すごい!!☆

最近本格的に寒くなってきましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか??私は寒い時期になると、ムショウに眠たくなります。眠い病の発症です。多分前世はアナグマの熊ですかね(笑)。
知らないうちに時は猛スピードで走り去ろうとしていて、その流れに追いつけてない自分がもどかしい。最近の自分の一番したいことは、寝るかピアノを弾くか。何て色気のない私…。誰か救ってやってくだちゃい(笑)。
でも、今自分の出来ることを一生懸命やるしかないんですよね。今という時はこの瞬間しかないんだから。今年の自分は大いに成長出来ました。舞台に立つことに恐怖を感じなくなった。今年も残りあと少し、最後の舞台は12月中旬です。良い演奏したいな。ココは一つ、寿司の花には負けないくらい、私なりに立派な花を咲かせてみせましょう☆
[PR]
by nami73-pma | 2005-11-14 01:22 | Diary

『秋風』

今日は作曲科の作品発表会での演奏依頼を受け、学校まで行ってきました。

今回初めて作品発表会に出させてもらったんですけど、「作曲家ってのは、こんなにもルーズなものなのか??」って真剣に思いました。
「コレです」って渡された楽譜。受け取ったのは本番の1週間前。しかも…、「10小節増やしたから」って本番2日前(それも放課後)にまた追加の楽譜を渡される。しかもしかも!!フルートと共演なのにも関わらず、合わせたのは本番の前日1回のみ。

有り得ねーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!

失礼…。
私は特に、読譜力に優れた人間ではないし、初見演奏なんて苦手な奏者ですから、1週間で曲仕上げるなんて無謀過ぎるにもほどがある。その上、追加の10小節を見たのは本番の前日の合わせの時です。盛り上がり部分だし、テンポが速い上に、かなり高度な技術もいる。無理矢理小節増やしてるから、そこがうまく繋がらない!!
練習する時間が…ナイ…。自分の練習なんて持っての他。。最近睡眠時間もあまり取れてないせいか頭の回転が悪い。こういうときに限って嫌なこと重なるしネ。もう泣きたくなった。そんなこんなでコンディションは最悪…。
まぁ、何とかやりましたけど。止まらなくてよかった。それだけで、もう満足でした。こんなんでエェんかー

「迷惑かけたから…。」ってお礼を渡されて、「また何かあったらよろしく」って言われました(笑)。エライコッチャ。
[PR]
by nami73-pma | 2005-11-12 23:23 | Diary

ナットク!!

今日、別にレッスンの日じゃないのにも関わらず、朝先生を待ち伏せして、バッハ平均律の疑問(11月7日のブログ参照)を聞きまくりました。
「先生~!ちょっと聞きたいことがあるんですけどぉ~…」
『えッ!?地球人には分からへんことやろなソレは。」
なんちゅー会話じゃー…(笑)
「ここの記譜記号はどうやって弾くんですか?」「ここってアルペジオで弾いちゃ駄目ですか??」などなど…。
一番肝心な、声部の疑問。「なんで初め3声なのに、途中で4声になるんですか??」
先生は思わず目が点。『え…、質問の意味が分からへんねんけど…。』
Namiはここがこうで~…と解説を始めると先生が、『ぁあ!だからぁ~…この曲は初めから4声やねんて。』
チーーーン。。なるほど、やっと納得しました。別に、途中で声部が増えたり減ったりするわけじゃなかった。この曲は初めから4声体の曲。それなら納得出来るよね☆はぁ~スッキリ…☆☆バッハももっと分かりやすく書いてくれてたらなぁ~…。(これでも、ワタクシ音大生になって3年目でございます。笑)


放課後はバイトの友達に連れられて、『外人バー』に行って来ました♪
外人バー?エッ!?怪しい~!!ってNamiも最初は思ってました。それが、行ってみたら普通のアイリッシュパブ。レッチリがかかってるような普通のバーでしたよ☆☆友達がラビットファーのジャケットを着てて、ソコの店の人に「家のうさぎがいなくなったと思ったら君のコートになってたんだ。」って英語で会話してて、Namiは全く理解できず、ただ笑ってただけ。。英語くらい出来なきゃな~今の時代…って改めて痛感。しょぼーん。。
カルーアミルクのストロングバージョン(笑)を作ってもらっていい感じの酔いで帰宅。そして、今コレを書いてます♪
さて…明日はレッスンです。1時間目から練習だぁ~!!
[PR]
by nami73-pma | 2005-11-10 00:33 | Diary

溜まってます、、、

曲が。見てもらう曲。

大3の授業の一環に演奏法って授業があるんです。
毎回、抽選で順番が決められた6~7人が、およそ100人くらいの生徒(+担当の教授2人)の前で、12分程度の自由曲を淡々と弾いていくんです。まるで流れ作業のように(笑)。聞いている生徒は、その中から自分が一番良かったと思った人を、出席カードに書いて投票します。選ばれた人は12月にある、選抜発表会で同じ曲を弾く…というもの。正直私は、この授業に「演奏法」って名を付けることにひどく違和感を感じます。。(大きな声じゃ言えないけどね!!笑)それどころか、こんな授業無くてもいいようにさえ感じる
私はその選抜発表会に出させていただく1人です。いや、多分まぐれなんだろうけど。しかし、ここは素直に喜んでおきましょう。わーいわーい。
リストのペトラルカのソネットをご存知でしょうか??この曲は私の持ってる音を充分に引き出してくれる曲なんです。演奏法の授業のために先生が選んでくれた曲。Namiのこの曲のイメージは“波”です。別に洒落じゃなくて…ホントに。特に104番は寄せては返す波のようなrubatoがこの曲の鍵。自由とは何なのか??ってのを改めて考えさせられた曲ですね。そして物凄くcantabile。この曲は元々歌曲のために作られたそうです。ソレをピアノに編曲したのを私は弾いています。この曲を3つ全部いつか自分のリサイタルで弾いてみたいな。。

大好きなバッハは只今14番。Fis moll。フーガは途中で4声になります。なんでだろう??たまにあるんですよね。3声だったのに突然4声に変わる曲。バッハの気まぐれかな?(笑)今度、せんせに聞いてみよっ☆

ショパンのエチュードはop.25-3。次にあげてもらう約束してます♪この曲、途中で右手が32部音符で忙しくなるところがあるんですけど、ゆっくり弾いてる時にいつもそこに来ると「べろべろばー」って聞こえるのは私だけ??(笑)

ラフマニノフの音の絵は、先月風邪の日に持ってって以来。

先生、曲溜まってます。早く見てくらさいっ!!(笑)
[PR]
by nami73-pma | 2005-11-07 00:00 | Piano