**Ich bin Ich**

ブログトップ

カテゴリ:kokoro-no-uta( 2 )

咲いた花は泣いていた

この薄曇った世界に
生み落とされた花々は
今日も 何処かで
傷つき悲しむ人の元に
捧げられるのだろうか

花は美しく咲くために
生まれてきたのに…
人は生きるべき命を受け
産まれてきたのに…

なんて皮肉な物語なのか―

救いを求めても
かすれた声は誰にも届くことなく
同じ過ちを繰り返しては
守るべき者を傷付ける

美しく咲いた花は
今日も何処かの
嘆き怒り狂う人々の元に
捧げられた

人々は 泣いていた
花も 泣いていた

*****


いじめのない世の中になってほしい…私なりの思いがこの詩に詰まっています。
弟が頭を怪我したとき、同じクラスの友達から花を貰ってきました。その花はカーネーション。幸せのピンク色の花…それなのに何故か悲しそうに見えたんです。
最近沢山の人にココに来てもらっています。この場をかりてお礼申し上げます。ありがとうございます!!コレを機会に、私の心の声を多くの人に届けたくて書きました。何かを感じてもらえたら嬉しいです。
[PR]
by nami73-pma | 2005-10-10 23:47 | kokoro-no-uta

Pianist

かき乱すほど 当惑して
憧れるほど 遠ざかっていく
血を吐くほど 没頭して
上に立つほど うぬぼれる

1人の孤独で ネクラな少女は
誰とも打ち解けることも無く
笑うことさえ失う代わりに
100万ドルの指を手に入れた

静寂を歌い
自由を主張し
感動を音にし
感謝の念を捧げる

高みを行くのさ
あの空の向こう                    Nami  
[PR]
by nami73-pma | 2005-09-13 21:11 | kokoro-no-uta