**Ich bin Ich**

ブログトップ

『秋風』

今日は作曲科の作品発表会での演奏依頼を受け、学校まで行ってきました。

今回初めて作品発表会に出させてもらったんですけど、「作曲家ってのは、こんなにもルーズなものなのか??」って真剣に思いました。
「コレです」って渡された楽譜。受け取ったのは本番の1週間前。しかも…、「10小節増やしたから」って本番2日前(それも放課後)にまた追加の楽譜を渡される。しかもしかも!!フルートと共演なのにも関わらず、合わせたのは本番の前日1回のみ。

有り得ねーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!

失礼…。
私は特に、読譜力に優れた人間ではないし、初見演奏なんて苦手な奏者ですから、1週間で曲仕上げるなんて無謀過ぎるにもほどがある。その上、追加の10小節を見たのは本番の前日の合わせの時です。盛り上がり部分だし、テンポが速い上に、かなり高度な技術もいる。無理矢理小節増やしてるから、そこがうまく繋がらない!!
練習する時間が…ナイ…。自分の練習なんて持っての他。。最近睡眠時間もあまり取れてないせいか頭の回転が悪い。こういうときに限って嫌なこと重なるしネ。もう泣きたくなった。そんなこんなでコンディションは最悪…。
まぁ、何とかやりましたけど。止まらなくてよかった。それだけで、もう満足でした。こんなんでエェんかー

「迷惑かけたから…。」ってお礼を渡されて、「また何かあったらよろしく」って言われました(笑)。エライコッチャ。
[PR]
by nami73-pma | 2005-11-12 23:23 | Diary